• トップ /
  • 介護ストレスの実際について

介護に伴う互いのストレスとは

人は加齢や怪我・病気などでいずれは介護が必要になる方が多いです。その時に自宅で対応する人も多いですが、それにともないストレスを抱えてしまうという人も多いです。必要に応じて手伝いをするなかで小さなことであれば負担にはなりません。しかしそれが頻回であるとその度に時間と手間をとられてしまい、精神的な面で負担となるという方もいます。また介護の量が多い方の場合は離れることが難しくなることと行う側の体にも少しずつ負担がかかってきます。加えてされる側に関しても同じことが言えます。無理にされてしまうと体への負担もかかることとストレスを感じてしまいます。また度重なる介護をしてもらうなかで徐々に相手のことを考えてストレスを抱えてしまうこともあり、お互いに負担が蓄積してしまうということがあります。そのため介護をする上で大切なことは互いに互いことを考えていかに負担なく行うかと言えます。実際に相談にのってくれる場所もあることと、介護技術向上のセミナーなども行われています。それらを利用して今まで得ることができなかった知識や技術を得て行うということも互いの負担軽減になります。また一度手伝いが必要になると減っていくことは少なく、増えることが多い傾向にあるため、互いに快適に過ごす上でも重要と言えます。

バックナンバー

介護の基本情報

↑PAGE TOP