• トップ /
  • 介護生活でのストレス解消法

介護でたまったストレスの解消法

介護とは突然必要となる物です。今まで働いていた息子、娘たちが仕事を辞めざるを得ない状況になって介護生活に突入することもよくある話です。テレビや本などでよく見るのはきれいなところだけで、実際のストレスとは個人差がありますが想像を絶する物です。ストレスをそのまま解消されることがないと、虐待などに進んでいく可能性もあります。互いがストレスが減らせるように解消法が必要です。まずは、介護が必要になったら介護者は一人でため込まないことが必要です。そうはいっても、今まで普通に生活してきたのに出来なくなったことに戸惑います。手伝う方より出来なくなったほうの気持ちを考える必要がありますが、ずっと一緒にいるとそういった心のゆとりがなくなります。何に困っているかを出来るだけ明確にし、友達でも近所の人でも誰でもいいので相談します。答えが出なかったとしても、自分の気持ちを言葉にするだけで確実に楽になります。どうしても解消法がうまくいかない場合は、他の人に変わってもらいます。要介護認定を受けていればヘルパーなど使うことができますし、また専門の職員に教えてもらうことで排泄や食事のことなどの問題点を解決できるかもしれません。ストレスの解消法がないと互いによりよい生活ができません。ストレスがたまって爆発する前に、軽減できるようにする必要があります。

バックナンバー

介護の基本情報

↑PAGE TOP